根リフォーム例

O様邸

最近雨漏れがするということで、ご連絡を頂きました。
現場調査をさせて頂き話を聞くと、数年前に増築された取合い部から漏れていることがわかりました。
また、その原因というのが、しっかりとした止水処理の不備でした。ご連絡いただいた時が、生憎の梅雨の時期ということもあり、すぐに対応させていただきました。今回は、増築された面と取合う瓦を一度すべて解体し、割れている部分をすべて新しい瓦に差換えた上で、下地をきれいにし、工事完了となりました。

改修前

改修中

改修後

Y様邸

雨漏れはしていないのですが、数十年前のカラーベストが葺いてある屋根をこのたび改修させていただきました。
今回は、大屋根及び庇とすべて施工させて頂きました。全体的に非常に軽量化をすることが出来ましたので、建物にも非常に優しい改修工事となりました。

改修前

改修後

K様邸

太陽光発電を載せるにあたり、『屋根を軽量でありながら雨漏れのリスクを小さくしたい』というお客様のご希望がありましたので、既存の瓦をすべて撤去し、板金の立平葺きをご提案させていただきました。こちらは、水上から水下まで一枚もので施工するため、雨漏れのリスクは少なくなります。
太陽光発電の取付には、この立平のハゼ部を掴む金具を採用し、屋根材本体を傷つけることなく施工することが出来ました。

改修前

改修後

太陽光固定

N様邸

最近、雨漏れがするとご連絡を頂き、現場調査をさせて頂きました。状況確認したところ、おそらく壁から入っている可能性が高いと判断いたしました。
解体してみると、通常壁際に施工すべき捨て水切りが入っておらず、壁をつたって入った水が、捨て水切りがないため、そのまま室内に入って行ってしまっている状況でした。そこで、捨て水切りを新設させていただき、復旧させていただきました。

改修前

改修中

改修後

公共下水処理所

棟端部の漆喰の劣化及び熨斗瓦が抜け落ちてしまったため、補修のご連絡を頂きました。
補修は、少し棟端部を解体し熨斗を修正したのち、ナンバン漆喰を新たに塗り込みました。どうしても地上から確認しにくい位置なので、気が付かないと雨漏れの原因となってしまいます。

改修前

改修中